おひとりさまの子育て日記

アラフォーシングルマザーが毎日のちょっと気になることを書いてます

習慣化することに成功、小2息子の勉強法

続かなかった今までの自宅学習

 

私が自宅学習に取り入れようとしたきっかけは息子が小学1年生の夏に受けた塾のテストだった。

夏休みに塾のパズル道場というコースを申し込むには統一テスト的なものを受けなければいけなかったのだ。

テストが終わった息子は今一つな反応をみせた。

それもそのはずだ。学校の教科書ではみたこともない難解な問題がいくつかあったからだ。

 

塾の講師は「応用問題は、仕組みがわかれば大丈夫。地元の私立中学校だったら小学校4年生ぐらいから塾の利用で間に合いますよ。」とおっしゃった。

しかし、私の気持ちは違った。世の中にはこんな応用問題を普通に解いている小学生がいるのだ。井の中の蛙ではないが、地元小学校の成績表で満足しているだけではいけないと思った。

 

それから私は大型書店に出向き、難解問題を取り扱う問題集を購入したのだ。

 

習慣化しなかった問題集①

はじめに購入したのは

文理の“中学入試をめざすトップクラス問題集”だった。

購入した理由は、塾で受けたテストと同じ問題が入っていたからである。

問題集は、

  • 標準クラス
  • イクラ
  • トップクラス

に分かれており、息子が使用する小学1年生の教科書よりも進んでいる印象を受けた。

はじめは喜んで解いていた息子も、トップクラスの問題になると一人で解くことが難しくなった。解けない問題は私が教えることになるのだが、小学1年生で結構難しくかんじるのに、小学2年生になると教えることができるのか不安になった。

 

これは個人の好みだろうが、私はつるっとした紙質が苦手だ。息子は筆圧が強いわりに消しゴムでうまく消せないものだから、少々いらだっている様子であった。これは致し方ない・・

 

習慣化しなかった問題集②

小学2年生になると前年度の反省を活かし、問題集を変更してみることにした。

いっそのこと購入しないでおこうかと思ったのだが、1学期の成績表が思ったような結果ではなかった。“大変良い”が減っていたのである。

テストの結果を思い出すと、単純な計算ミスが多かったように感じた。

教科書にのっているような問題になれるしかないと考えた。

 

次に購入したのは、

旺文社“計算問題の正しい解き方ドリル”だった。

私が教える必要もない問題集だったが、少し簡単すぎる様にかんじた。

しかも、宿題でも同じような問題を解いているため、息子も飽きはじめてきた。

 

自宅学習を習慣化させるために

自宅学習はなかなかうまいこといかないものだ。

そもそも、私も息子も自宅学習することが習慣化されていなかった。

息子が小さいうちは、息子が自宅で勉強するのと同じく、母親も一緒に参加する必要があるのだ。

私自身、息子の勉強に参加することが習慣化されていなかった。

夜はワインを飲みながらネットサーフィン・・無意味だが有意義に感じていた無駄な時間、一番習慣を変える必要があるのは私だった・・。

 

 

私が自宅学習を習慣化させるためにしたことは4つだ。

  1. 自宅学習をまとめるファイルを作成する
  2. 息子は帰宅後、“宿題” “自宅学習プリント” “前日のやり直し” を行ってから好きなことをする
  3. 私は帰宅後息子が行った自宅学習プリントを採点する
  4. 取り外しができるドリルを購入

 

ファイルは項目に分かれて収納できるものを選んだ。

表紙に帰宅後にやるべきことを表示した。

f:id:ohitorisawoman:20210109143551j:plain

取り外しタイプのドリルは下手をするとプリントであふれかえってしまう。

ファイルに項目ごとに整理することで、取り出しやすくした。

合格したプリントを一緒に保存しているのだが、息子がわからない問題があったとき、ヒントを得るのに役立っている。

 

習慣化した問題集

我が家にピッタリだったのは

受験研究者の“ハイクラスドリル”だった。

f:id:ohitorisawoman:20210109143635j:plain

標準・上級・最上級に分かれているが、最上級レベルでもヒントをあげればわかるレベルである。

 

標準レベル

f:id:ohitorisawoman:20210109143754j:plain

 

上級レベル

f:id:ohitorisawoman:20210109143826j:plain

 

最上級レベル

f:id:ohitorisawoman:20210109143854j:plain

 

 

こちらの参考書で気に入っている点は3つ

  • レベルアップしながら問題を解くことができる
  • 取り外しができる
  • 解答が丁寧にされてあり、息子に教えやすい

これは個人的な意見だが、取り外しできる問題集はやる気を後押しさせるためにも役に立っていると感じている。

視覚的に“今日は○枚”とわかることで、子供のやる気が維持できるのではないかと思う。参考書がぶ厚ければぶ厚いほどやる気を失ってしまうのは私だけだろうか・・

それと、息子の場合好きな問題をところかまわず解いてしまい、採点するほうが面倒に感じてしまうことがあった。問題集は順序だてて解いたほうがいいと思う。

やはり、取り外し方式は我が家に合っている。

 

問題集は多種多様に出ているので、その子にあったものをチョイスしてあげるのが第一だと思う。

我が家は3度目にしてピッタリの問題集に出会えたが、今後息子の成長によってまた出会う問題集も変わってくるだろう。

 

今回息子の自宅学習 習慣化をねらったミッションだったが、私の勉強サポートを習慣化させることにも成功した。

それまではスマホ片手にワインを飲んでいたのだが、今では赤ペン片手にワインを飲んでいる。もちろん、テーブルには帰宅後に息子が解いたプリントだ。

 息子のプリントで今晩もお酒が進むことだろう!

この習慣は一時やめられない・・ふふ★

 

 

 


 


 

 

みなさまの応援クリックが励みになっています★

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村